スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
渦巻く影
2009-03-29 Sun 01:26
本の整理をするため、銀行へ向かうことに
だがその向かった先で…
ばったりとある人物にあった

ムーングロウ銀行前、Eyetisを見かける
向こうも俺に気がついて近づいてきた
「はぁ~ぃクルエ♪こんな所で珍しいわネェ?♪」
「まさかいるとは想わなかったナ」
「あらあラ まるで幽霊にでもあったような言い方ネ
 別にいいけド♪」

相変わらず、妖艶な笑みを浮かべていた
「この前はよくも、俺の血を大量に抜いてくれたナ
 一体何に使うつもりなんだ」

「必要だったから取ったまでヨ
 大切な儀式を行うための魔法陣を書くためにネ♪」

「血のペンタグラムか…なら自分のを使えばいいだろう」
「私のは混合しちゃっているから無理なのヨ
 それに、魔力が馴染んだ血の方がよりよい結果になるしネ・・・♪」

つまり、そこそこ魔力がある奴の血のほうが、儀式が成功しやすい…か…
「何が目的なんだ?
 最近はあいつの命令無視してまで何かこそこそやってるみたいじゃないか」

「あらあラ♪ ちゃんと命は守っているわヨ♪
 けれどそれ以外のことは何も申せつかっていないワ」

「…またろくでもないことでも考えているんだろう」
「*クスクス* そういう貴方も主様を裏切って色々やったみたいじゃなイ
 もっとも、今は主様の『欠片』と融合して新しい力を得たみたいだけド」

…やはり、あれは違うものだったのか…
「…まんまとはめられた…か どおりで…
 だが今更この体から欠片を取り出すのは不可能…だナ」

「それに私の可愛い呪植物も根を伸ばし続けているみたいネェ♪」
「…全く、とんでもないものを埋め込んでくれたナァ
 多少成長を遅らせているが、油断すると意識をもっていかれそうだ」

「*クスクス* せいぜい頑張ることネ♪ それじゃぁネェ♪
 また会いましょウ♪」

…そういうとEyetisは姿を消した

―復讐のために動き続ける人形と運命に動かされ続ける人形…
似ていて異なる二つ 同じであり違う二つ
その行く先は、生か破滅か
どちらにせよ、時は動きつづけている
スポンサーサイト
別窓 | ~日常~ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<3/29の営業日誌 | ~光と影と音の世界で~ | 猫の隠れんぼ>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| ~光と影と音の世界で~ |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。